国民健康保険

国民健康保険に加入するとき、またはやめるときに必要な届け出についての案内です。

国民健康保険へ加入する方

職場の健康保険に加入している方、生活保護を受けている方、後期高齢者医療制度で医療を受けている方を除いてすべての方が国民健康保険に加入しなければなりません。
※外国人登録をし、1年以上在留期間があると認められた方は国民健康保険に加入できます。加入するときは、外国人登録証明書が必要ですので住民福祉課の窓口へ届け出てください。

国保に加入するとき・やめるとき

次のような場合は必ず14日以内に届け出てください。

国保に加入するとき(被保険者証発行)

こんなとき 届け出に必要なもの
他の市区町村から転入したとき
  1. 国民健康保険証(同世帯に国保加入者がいる場合)
職場の健康保険をやめたとき
  1. 職場の健康保険をやめたことがわかる証明書
  2. 国民健康保険証(同世帯に国保加入者がいる場合)
職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき
  1. 被扶養者からはずれたことがわかる証明書
  2. 国民健康保険証(同世帯に国保加入者がいる場合)
子どもが生まれたとき
  1. 国民健康保険証
  2. 母子健康手帳
生活保護を受けなくなったとき
  1. 保護廃止決定通知書
  2. 国民健康保険証(同世帯に国保加入者がいる場合)
外国人が国保に加入するとき
  1. 外国人登録証明証
  2. 国民健康保険証(同世帯に国保加入者がいる場合)

国保をやめるとき(被保険者証返却)

こんなとき 届け出に必要なもの
他の市区町村に転出するとき
  1. 国民健康保険証
職場の健康保険に入ったとき
  1. 国保と職場の健康保険の両方の保険証
    (後者が未交付の場合は、加入したことを証明するもの)
職場の健康保険の被扶養者になったとき
  1. 国保と職場の健康保険の両方の保険証
    (後者が未交付の場合は、加入したことを証明するもの)
国保の被保険者が死亡したとき
  1. 国民健康保険証、死亡を証明するもの
    (他市区町村に届け出をした場合)
生活保護を受けるようになったとき
  1. 国民健康保険証
  2. 保護開始決定通知書

その他(被保険者証切替)

こんなとき 届け出に必要なもの
転居で住所が変わったとき
  1. 国民健康保険証
世帯主や氏名が変わったとき
  1. 国民健康保険証
    (変更後の世帯に国保加入者がいる場合は相方の保険証)
修学のため、別に住所を定めるとき
  1. 国民健康保険証
  2. 在学証明書
国民健康保険証をなくしたとき
(あるいは汚れて使えなくなったとき)
  1. 身分を証明するもの
  2. 国民健康保険証(汚損の場合)

病気・けが

医療機関へ入院する必要があるときや治療などで医療費が高額になる方は、次の手続きが必要な場合があります。

こんなとき 申請に必要な手続き
入院又は医療・調剤費が高額
  1. 限度額適用認定申請書を役場に提出
  2. 限度額適用認定証を受け取る
  3. 限度額適用認定証を医療機関へ提示
交通事故でのけが
  1. 第三者から交通事故で負傷し治療する必要がある場合は傷病届を提出し、事故発生状況を報告する

※限度額適用認定証は所得額に応じて発行します。
※70歳から74歳までの前期高齢者は非課税の方を対象に発行します。

このページは住民福祉課が担当しています。

〒905-0695 沖縄県島尻郡伊是名村字仲田1203番地
Tel:0980-45-2819   Fax:0980-45-2467

ページのトップへ